看護師のブランクと再就職

看護師は一般の会社員に比べれば、職場復帰も再就職も容易です。育児や介護のブランクをもろともせず、正規採用されて活躍する看護師は沢山います。しかしブランクがあまりにも長い場合、流石の資格も、その有効性が薄れてしまいます。10年以上仕事から遠ざかってしまうと、医療の進歩を把握できておらず、勉強し直す時間と労力を考慮に入れなければなりません。また医療行為は身体的スキルが求められますから、年を重ねた後に覚え直すのは簡単ではありません。患者の命を預かる以上、そのプレッシャーに打ち勝つためには、いい加減な勉強も許されません。医療機関としても、こうしたハードルを越えられる看護師かどうかを審査しなければならず、結果的に長期間のブランクは、再就職を阻む壁となっています。
 高齢化社会を迎えている以上、少しでも多くの潜在看護師に復帰してもらうべく、支援策を講じる必要があります。例えば都道府県にはナースセンターが設けられていますから、ここを拠点として潜在看護師を派遣できるような体制を構築することが求められるでしょう。実際政府も類似の施策を打ち出しており、今後はさらに地域で浸透すると見込まれています。また国のみならず、医療機関の支援も必要になるでしょう。ブランクの長い看護師はとにかく不安に苛まれています。少しでも研修を充実させることで、その不安を和らげなければなりません。乳幼児を育てている看護師であれば、託児所を利用してもらうのも喜ばれるでしょう。潜在看護師は十分な戦力であると社会が広く認識することで、彼らに対する支援に理解が寄せられるようになり、延いては看護師不足が解消されることになるはずです。