潜在看護師の発生機序

高齢化社会では医療へのニーズが高まり続けるのは当然のことであり、看護師も引く手数多の職業とされますが、同時に離職率の高い職業でもあるため、需給が一致しないことが問題となっています。看護師の資格を持ちながら、その資格を有効に生かすことの出来ていない人を指して、「潜在看護師」と呼ぶことがあります。潜在看護師は毎年たくさん生産されているわけですが、その背景には何があるのでしょうか。
 看護師が離職する理由は様々です。典型的なケースとしては、子育てや介護を理由とした離職が挙げられます。育児や高齢者の介護は長引くことも多く、職場復帰、再就職の見通しが立たない看護師も少なくありません。看護師の多くが女性であるという現実を踏まえると、少なくとも出産というイベントは多くの看護師が経験します。育児休暇は法の定めるところにより、堂々と取得することが出来るのですが、個々人の事情が休暇を長引かせたり、休暇中に職場環境が変貌したりすることから、復帰するのを躊躇う看護師がいるのも事実です。
 統計の一つに「年齢階級別労働力率」と呼ばれるものがありますが、結婚や出産の時期に下降することが知られています。しかし育児にそれほど手を掛けなくても済むようになってからは、上昇に転じるのも特徴で、この様相から当該グラフを指して、「M字カーブ」と形容する人もいます。上昇しているということは、看護師はブランクを乗り越えて職場復帰できる仕事であることを意味しています。少なくとも一般の会社員に比べれば、離職後の採用機会に恵まれているのは確かです。パートタイムのみならず、意欲さえあれば、正規採用も決して難しくありません。